浅草の大工道具店

出張の際、たまに寄る浅草の大工道具店がある。
仙台箪笥の名工が私の鉋類を見かねて紹介してくれた。
それから20年は経つ。
店主は媚を売らない愛想無しの江戸っ子気質に加え、置いてある道具たちは一流ときたもんだから、道具を覗く若輩者は毎回緊張を強いられる。
その店の近辺はスカイツリーがいつしか存在し、最近アサヒビール本社のスタルクの通称う〇こオブジェは金ぴかになったんだとか。
変わりゆく時代の変わってほしくない大工道具店。
冬至の静かな山村の夜に、親友から頂いたモーツァルトを聴きながら、新調した平鉋を眺める至福。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です