面の旅

昨年は1〜2カ月に1回のペースで遠出した。
納品、見舞い、打ち合わせ、旅行など。
近年稀に見るハイペースである。
飛んでいく出費も半端ないのだが得るものも又多い。
さて東北新幹線の中に置いてある無料雑誌トランヴェールに沢木耕太郎の旅の燕というエッセイがある。
先月12月は点と線と面という素晴らしいエッセイだった。

上手く説明出来ず申し訳ないのだが、人がその場所に通うことは点から点が線になり無数の線が交錯してやがては面になり、面として知る土地ができていくといった内容だった。
つまりその場所その人に会いに行く通うことはその周辺をもっと知りたく寄り道をして、その土地の空気を味わうことで面になっていくと自分なりに解釈している。
そういった点ではまだ自分の田舎でさえ面にできてないのだが、これからは出来る限り自分の旅を面のある旅にしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です