旅する蝶その2

2年前アメリカを旅した時ニュージャージーの郊外でカーディナルという赤い鳥を見た。その極彩色の鳥に興味を持ち、本を購入し調べてみた。ゴールデンフィンチも美しいし、ハチドリもきれいでアメリカの鳥たち、そして自然界の生き物に俄然興味がわいた。旅行中生き物をじっくり観察するスケジュールを入れてなかったのだが、日本へ戻る日の午前宿泊先から近いニューヨークの博物館をみた。アメリカの四季や自然の昼夜の情景を再現し、まるで生きてるかのように動物を配置した秀悦な博物館だった。そこにたまたま蝶の温室があることに気づき誘われる様に入った。たくさんの蝶たちを眺めながらアメリカで有名な蝶はどれかと女性の解説員に尋ねるとオオカバマダラを指し熱心に説明してくれた。彼女の英語の説明を全て理解したわけではないが、その蝶はとにかく長い旅をするらしい。しばらくその蝶に見惚れていた。その後今年八甲田山でアサギマダラに遭遇し私の不思議な巡り合わせは始まる。
だいぶ前の話しだが、Kさんというおばさんに私は遭う。偶然の縁で知り合ったのだが、当時Kさんが弘前在住だったこともありたまたま市内で開催したわにもっこの展示会にも来てくれた。立ち話だったが私が木工をする上で「木の周辺」を大事にしてること、木に集う虫や鳥や動物を観察することは仕事上とても大切なことと伝えた。するとKさんはアメリカにオオカバマダラという蝶がいてその蝶はとても長い旅をする蝶であること、食草はガガイモ科の仲間であることなどいろいろと説明してくれた。その後一冊の本とガガイモの種を頂いた。今でこそ「木の周辺」は自分自身ようやく理解し始めてきたのだが、当時はまだ本を片手に独学で木の樹形や葉、きのこや植物、木につく甲虫類と動物や鳥を覚えるのが精一杯で蝶類はどちらかといえば後回しになっていた。せっかく頂いた本も三分の一ほど読んで又なにか機会があればとしまっておいた。13年程前の話しである。