宮城のものづくり

震災復興でまちづくり開発が進む港町気仙沼。
人口は約7万人と小さな街ですが、川の上流にブナを植え続け、きれいな水を海に流す運動をしてる伝説のカキの養殖家も気仙沼です。
ここに藍を無農薬で育て藍染めをしている方たちがいます。
スタートからまだ4年ですが、子育てをする女性たちの職場と気仙沼の海の色をテーマにしたメッセージ色のあるものづくりをしています。
詳しくは藤村さやかさんのインディゴ気仙沼で。
産業と文化の2面を持つまちづくりはやはり魅力的にみえます。
前回のまちづくりもそうですが女性たちが活躍している印象でした。
たくさんの刺激を受けました。

宮城のまちづくり

知人たちを訪ね宮城に行ってきました。
その日は富谷市のまちづくりのアートイベントに知人が携わってたので参加してきました。
仙台のベッドタウンで近年人口増加する富谷市。
会場は古くからの宿場町として栄えた小さな商店街。
その歴史を検証し、きちんと伝えていました。加えて写真家が撮ったその地区の人たちの表情。
マンパワーで街全体を小綺麗にし、ヒトコトモノにフォーカスするあたりはさすが!です。
雰囲気ある酒蔵をのぞいてみたら偶然にもお世話になっている仙台箪笥の名工のテーブルセットがありました。
HPは富谷しんまちと木香舎です。
是非ご覧ください。