岩手のものづくり

隣県でありながら岩手のものづくりのポテンシャルの高さに改めて気づきました。浄法寺、秀衡塗り、南部鉄器、岩谷堂箪笥の伝統的工芸品。加え家具屋はもちろん大野地区の挽物、ホームスパン、南部箒、小岩井農場などなど。昨年11月初め工芸エキスポが岩手で開催されました。その熱気は凄まじく、岩手県民のものづくりへの関心の高さを伺うことができました。岩手県内のものづくりと県外企業のコラボやマッチングの種類と質の豊かさ。考えれば30年ほど前盛岡の川徳壱番館にマーケティングをしに行ったり、17年前、フィスカースやPPモブラーの講演を聞きに行ったのも岩手県工業技術センター。そして今でも足しげく通うのは光源社です。宮沢賢治、石川啄木といった文豪。ものづくりの下地は何十年もかけ、脈々と受け継がれてきたものかなと。

岩手のまちづくり 大野木工

本州で最大の森林面積を持つ岩手県。
旧大野村は1980年代のまちづくりに一人一芸運動を掲げ、工業デザイナーの秋岡芳夫が地元のアカマツなどの森林資源を活用、子供たちの給食器に地元の挽物師がひいた木の器を使用した。
30年以上前から地産地消、木育といったキーワードでまちづくりを進めています。
佐賀さんは埼玉県から移り住み、名工佐々木さんに師事。
現在家族と愛猫と弟子を育て奮闘してます。