薪ストーブのはなし

我が家の薪ストーブはデンマークのアンデルセンCI-1G。
通称みにくいアヒルの子、13年選手です。
デザインもさることながら長い薪も入り、日本の小さなリビングにはちょうどいいサイズ感から、ファンも多い名品(2009年頃廃番)です。
若い頃製材所さんや先輩の木工家がこのストーブを使っていて憧れたものです。
南部鉄器や土鍋を使ったかみさんのストーブ料理。
猫たちの集う場。
2011年の大震災の時には暖房と照明とガス台を兼ねとても重宝しました。
限られた資源の化石燃料ではなく、近くで賄える木材を有効に利用できる薪ストーブを大震災の後に考えた人は結構いると思います。
昨年フェイスブックでも紹介させていただいた「みちのく薪びと祭り」の方たちの中にも多いかと思います。
個人的な一番の理由は仕事ででた端材を使えること。
そして薪の樹皮を見て学ぶことができること。
オオヤマザクラ、コナラ、ニセアカシア、イタヤカエデなどなど。
自分にとっては薪ストーブのために厳しい冬があるようなもの。